北照高等学校

〒047-8558
北海道小樽市最上2丁目5番1号

TEL (0134)32-0331

資料請求・お問い合わせ

北照ワインプロジェクト

北照高等学校スポーツコース

教育/進学・就職

普通コース

生徒一人ひとりの能力や希望に応じて、進学・就職のいずれにも対応できる指導が受けられる環境を整えています。個性を伸ばすこと、社会に貢献できる力を身につけること、目標に向かって努力する気持ちを育てることを目指します。

1

充実したキャリア教育

ワインプロジェクトや職業体験学習など、教室を離れた学びを通して職業観を養います。

2

少人数制授業

少人数できめ細かい学習指導を行うことで、個々の学力に合った授業を受けることができます。

3

講習授業でレベルアップ

資格取得や進学などを希望する生徒のために、朝や放課後に無料で講習を行っています。

在校生からのメッセージ

在校生

石後岡 龍仁さん

石後岡 龍仁

僕が北照高校に入学した理由は、率直に言うと「志望校に落ちたから」です。ただ、北照高校に入学してから、今まで以上に楽しい毎日を過ごしているのでとても良い選択だったと思います。
中学生の僕は、毎日ゲームをしていたせいもあって、試験で1ケタの点数を取るくらい勉強が苦手で、高校の授業についていけるか不安でした。しかし、親しみやすい先生方のわかりやすい授業と、わからないことをすぐに聞くことができたおかげで、今では平均して80点くらいとれるようになっています。
勉強以外にも、同じ趣味の友達が増え、一緒に資格試験の講習を受けたり、ワインプロジェクトで畑仕事をして体を動かしたり、アルバイトをしたり、大変ですが毎日が充実しています。
皆さんの中には、勉強が苦手な人もいると思います。北照高校では自分の頑張り次第で勉強がはかどるし、何よりいろんなことに挑戦出来て学校生活が充実しますよ!

北照生の1日

8:30 小樽駅よりバス
9:25 授業
13:15~13:45 昼休み
15:25~ 放課後
アルバイト ワインプロジェクト

在校生

伊藤 桃香さん

伊藤 桃香

私が入学前に抱いていた北照高校のイメージは「男子校」「スポーツをする人の学校」でした。しかし入学後は、女子生徒や女性の先生がたくさんいるし、スポーツだけでなく文化部の活動や資格検定の勉強など色々な事に挑戦できるので、自分に合った学校だと実感しています。
中学までの私は、やる前から諦めることが多く学校生活も楽しめていませんでした。高校に入学してからそんな自分を変えようと思った時、北照高校の先生方は様々な立場から私を支えてくれました。そのおかげで、今では自分から進んで行動し、解らないことがあればすぐに人に聞けるようになりました。
現在、私は陸上部と図書部に所属していて、忙しいけれど充実した毎日を送っています。また、理系の大学へ進学するために朝や放課後に講習を受けています。私の勉強したい内容に合わせて個別指導をしてくれる教科も多いので、 北照高校で学ぶことが出来てとても良かったと思っています。

北照生の1日

8:00 小樽駅よりバス
8:40 講習
9:25 授業
13:15~13:45 昼休み
15:25~ 放課後
部活動 放課後講習
18:00 下校

先輩からのメッセージ

卒業生

村岡 健亮さん曲イ田中酒造株式会社 亀甲蔵 就職(平成29年度卒)

村岡 健亮

私がこちらにお世話になったきっかけは、職業体験でした。職業体験では内側から会社の様子を見ることができ、上司や先輩方とのコミュニケーションが大切だと学びました。
その後、進路選択の際に、職業体験でお世話になったこちらを志望しました。嬉しいことに内定をいただくことができ、今は周りの人とコミュニケーションをとりながら仕事を頑張っています。
3年生の職業体験は自分の将来を考えるための大事な機会で、必ずプラスの経験になるはずです。やりたい事が決まっている人も決まっていない人も、まずは先生に相談してみてください。北照高校の先生は、進路相談だけではなく些細な事でも話を聞いてくれます。

卒業生

佐藤 紋華さん札幌ブライダル&ホテル観光専門学校 進学(平成29年度卒)

佐藤 紋華

私は、北照高校のキャリア教育で社会に出る前に必要な基本のルールやマナーを学ぶことができました。
職業体験ではブライダル関係の実習をさせて頂きました。これがきっかけとなり、自分の夢をしっかりと見つけることができ、とても貴重な経験をさせて頂きました。
授業はわかりやすく、手を挙げて質問ができる環境だったので、中学校で苦手だと思っていた教科にも積極的に参加することができました。
私の夢はドレススタイリストになる事です。この夢を見つけられたのも、職業体験に行けたお陰です。現在、私はウェディングの専門学校へ進学し、毎日勉強が大変ですが、充実した日々を過ごしています。

ページの先頭へ