北照高等学校

〒047-8558
北海道小樽市最上2丁目5番1号

TEL (0134)32-0331

資料請求・お問い合わせ

学校概要

  1. HOME
  2. 学校概要

学校長挨拶

「北照から社会へ」を合い言葉に

北照高等学校 校長
宮川 恒美

高校受験は大きな分かれ道です。
夢、希望、憧れ。そして不安、悩み。様々な思いを抱きながら迷っている中学生と保護者の皆様に、是非着目していただきたいことがあります。

高校選択は「この成績で合格できる高校はどこか」という視点だけで良いのでしょうか。高卒で社会人になるとすれば3年、大学進学後だとしてもあと7年しかありませんが、特に高校3年間で身に付けた学力や倫理観や人間性などはその後の人生に大きな影響を与えます。

本校では1クラスを20人程度と少人数に設定しており、20代の教員が約半数、女性教員も40%弱と比較的若い教員のわかりやすい授業や充実した進路指導、そして日常生活のマナーや、将来の社会人としての望ましい人間性を育成するために、一人ひとりの教員が生徒に親身に寄り添っています。

また、今年度から勤労観を養うキャリア教育の一環として「北海道ワイン様」のご協力をいただき、「北照ワインプロジェクト」をスタートさせました。

中学生と保護者の皆様には、高校選択に際し「生徒に親身に寄り添う高校かどうか」という視点を大切にお考えいただきますよう、心からお願い申し上げます。

校章

本校の校章は北斗星を表す星、平和の象徴ハトを表す羽、杖に巻き付く蛇(智恵を表す)で構成されています。

この校章には、「平和の象徴ハトのような穏やかな優しい心を持ち、しっかりとした智恵をつけ、社会の支えとなるような人材となり、北の空を照らす北斗星のように社会を明るく照らす人間になって欲しい。」という意味が込められています。

校歌

一、春は花なる香に匂い 真夏は木々の端枝さす 緑が丘に聳え立つ あゝ懐かしき我が母校 理想の旗を掲げたり 二、時代を負いて気負い立つ 清き心のわたつみの 才の八汐の繁き色 一つに溶けて染めなせる 我等が理想の旗を見よ 三、緑ヶ丘に栄え行く 母校の空に永遠に 秋はさやけき月の下 冬は真白き雪の上に 理想の旗は輝けり

ページの先頭へ