北照高等学校

〒047-8558
北海道小樽市最上2丁目5番1号

TEL (0134)32-0331

資料請求・お問い合わせ

北照ワインプロジェクト

北照高等学校スポーツコース

教育/進学・就職

  1. HOME
  2. 教育/進学・就職
  3. スポーツコース(野球・スキー・サッカー)

スポーツコース(野球・スキー・サッカー)

スポーツコースの各部活動は、全国レベルで活動しています。自身の専門種目に打ち込む中で強靱な体力と高度な運動技能・知識を身につけると共に、生涯を通じてスポーツに親しむ素養や姿勢を育てます。

1

専門的かつ総合的な部活動指導

専門種目や体づくりについて学ぶことのできる特別なカリキュラムを設けているため、自ら考えて競技力向上に取り組むことができます。さらに、高い専門性を持つ指導者が、体力や技術の向上はもちろん、生活指導や進路指導にいたるまで学校生活全般を指導・サポートします。

2

高い実績

甲子園春夏通算10回出場の野球部、数多くのインターハイ優勝者を輩出しているスキー部、全国大会出場経験を持つ男女サッカー部と高い実績を残しています。卒業後もオリンピック選手やプロ野球選手として競技を続ける、指導者として競技に携わるなどと各方面で活躍しています。

各スポーツコースの紹介

野球部

本校では「北照から社会へ」というスローガンにもとづき、野球だけではなく、将来的に立派な社会人として活躍できるよう学業も含め、日々の生活を大切にしています。OBが様々な進路で活躍してくれているのは、高校野球だけで終わることなく、部活動を含めた学校生活の中で人間力が育まれた結果だと感じています。チームとしては春の甲子園ではベスト8を経験しましたが、夏は未勝利なので、「夏の甲子園での一勝」を目標にしています。これを達成するためには日々の厳しい練習や規律を重んじた生活が求められます。お互いに切磋琢磨して同じ目標に向かって歩んだ仲間は一生の宝物です。ぜひ、皆さんも北照野球部からステップアップを重ね、素晴らしい未来を切り開いていきませんか。

  • 春季全道大会出場
  • 南北海道大会出場
  • 甲子園出場(春5回 夏5回)
  • プロ野球選手(12名輩出)

在校生

齋藤 優斗さん(小樽市立菁園中学校 出身)

齋藤 優斗

私は甲子園で活躍したいという想いから、野球にじっくり打ち込む環境が整っている北照高校に魅力を感じ、入学を決めました。昨年、一昨年と二年連続で夏の甲子園に出場し、その結果新入部員も多く集まり、北照野球部史上最多の97名となりました。今年は三年連続の甲子園出場と目標であるベスト8を目指し、97名全員で一体感のある応援されるチームを目指して日々練習に打ち込んでいます。私たちは挨拶や礼儀を含む私生活全てで高い基準を設定し、大きな成長を追求しています。アスリートとしても、人としても成長したいという方には最適な場所だと思っています。

男子サッカー部

本校男子サッカー部は、「意思あるところに道は開ける」をスローガンに、小樽から全国へ挑戦しています。平成28年度には、高校総体北海道予選で、創部初の準優勝を成し遂げ、全国大会に出場するなど、着実にチームは前に進んでいます。サッカーの本質を捉え、サッカーの楽しさ、厳しさ、その醍醐味を伝える指導を心掛けています。
また、真摯にサッカーに取り組む生活を通し、将来、社会で活躍する基礎を身につけることも大切にしています。ぜひ、北照サッカー部で意義ある3年間にしませんか。

  • 高校総合体育大会サッカー競技 北海道大会 準優勝
  • 全国高校総合体育大会 出場
  • 高校サッカー選手権大会 北海道予選 出場

在校生

本庄 修人さん(滝川市立明苑中学校 出身)

本庄 修人

北照高校のスポーツコースはカリキュラムをはじめとして、一人ひとりが目標に向かい集中して活動できる環境があると思い入学しました。サッカー部は、顧問の先生方の指導も丁寧でわかりやすく、質の高いトレーニングをすることができます。また、サッカーをよく知ることができます。強化遠征は道外にも行きます。そこで高いレベルのサッカーを観たり、強豪校と試合をしたりできるので、非常に良い経験ができます。3年間本気でサッカーに取り組むことで、私生活も変わり、人間的にも成長できる素晴らしい場所だと感じています。

女子サッカー部

本校女子サッカー部は、今年で創部8年目を迎え、全国出場を目標に日々トレーニングに励んでいます。お互いの特徴や長所を理解してプレーすることを第一に考え日々過ごしております。北海道の女子サッカーのトップリーグである「北海道女子リーグ」に参入をめざし、高いレベルでの試合を経験しています。その中で、高校総体北海道予選、高校サッカー選手権大会で結果を残せるようオンシーズンを過ごしています。また今年度は道外遠征を経験し、更にレベルアップを図ることができました。小樽から全国が目指せるチームになるよう選手一同頑張っています。

  • 高校総合体育大会サッカー競技北海道大会3位
  • 皇后杯参加
  • 高校サッカー選手権大会北海道大会3位
  • エンジョイ5全国大会(フットサル)出場

在校生

長南 優希さん(小樽市立長橋中学校 出身)

長南 優希

私は北照高校の雰囲気の良さや顧問の先生方の人柄、そして先生と生徒の距離感に魅力を感じました。先生方はとても親しみやすい方ばかりで、わからないことも気軽に質問でき、相談にも親身に対応してくださるので、すぐに悩みを解決できます。私たち3年生はラストシーズンになるので、最後に悔いの残らないよう、全国大会出場さらに全国大会で一勝することを目標に日々トレーニングに励んでいます。北照女子サッカー部は人数が少なく苦しいこともありましたが、その状況だからこそ学べたことも多くあり、私は人間的に成長したことを実感しています。

スキー部

本校スキー部は昨年、創部100年を迎えた歴史と伝統のある部活動です。今まで多くのオリンピックや世界大会の日本代表になった先輩がいます。冬のスポーツなので、シーズンまでの期間は陸上でのトレーニングを幅広く行い、シーズン中は道内を始め各地の大会に出場しています。現在部員は男子7名、女子2名で活動を行っています。個人競技ではありますが、一人ひとりが全国大会優勝、日本代表を目指して日々努力をしています。

  • 第67回 全国高等学校スキー大会
    男子回転 優勝(竹内 力音) / 女子回転 優勝(若月 新)
  • 第31回 全国高等学校選抜スキー大会
    女子回転 優勝(若月 夕果)
  • 第69回 全国高等学校スキー大会
    男子大回転 2位(片山 龍馬)

在校生

服部 慎也さん(興部町立興部中学校 出身)

服部 慎也

私が北照高校に進学しようと思った理由は、進学する高校を迷っている中でいろいろな高校の体験入学や部活動体験に参加したときに、部内の雰囲気や取り組む姿勢が一番良いと思ったからです。また、北照高校出身のトップ選手が多くいること、先生のメリハリのある指導、全力で練習に打ち込める時間割など素晴らしい環境も入学の決め手の一つです。私は、キャプテンとして見本となれるよう練習に全力で取り組むよう心がけ、毎日部員のみんなと厳しく楽しく練習をしています。スポーツに全力で取り組みたいという人は、北照高校に入学すれば自分の目標に向かって取り組むことができると思います。

入寮案内

自宅等が遠方のため通学が難しい生徒のために、学校の敷地内に学生寮や本校の生徒専属の下宿があります。
費用は、75,000円/月(家賃・光熱費・三食付き、全部活動共通)です。入寮には定員等がありますので、詳しくはそれぞれの部顧問までお問い合わせ下さい。尚、自宅から通学可能な生徒は、通学をおすすめしています。

野球部寮 2人部屋、4人部屋、6人部屋、8人部屋、10人部屋
(部屋は定期的に入れ替えをします)
サッカー部寮 全員1人部屋(2020年度)
スキー部、
女子サッカー部下宿
男女共に受け入れ可、男女それぞれ専用1人部屋

先輩からのメッセージ

卒業生

西田 明央さん東京ヤクルトスワローズ(平成22年度卒)

西田 明央

私が北照高校を選んだのは、ひたすらに野球に打ち込みたいという想いからでした。当時はまだ甲子園の出場回数も少なかったですが、私と同じ志を持った熱い仲間が集まり、非常に充実した三年間を過ごすことができました。春夏連続で甲子園に行くことができ、そこでプレーしたことがプロへの道に導いてくれました。今年でプロ10年目になりますが、北照高校で培ってきたものを最大限活かしてレギュラーに定着し、たくさんの方に夢を与えるプレーヤーになりたいと思っています。

卒業生

安藤 麻さん東洋大学 - 日清医療食品(株)/平昌オリンピック日本代表(平成26年度卒)

安藤 麻

北照高校を選んだのは、スキーに集中できる環境の中で、絶対に世界で戦える選手になりたいという思いからです。練習は部のみんなと切磋琢磨して日々真剣に取り組み、監督ともより良い環境、内容で練習するためにはどうすれば良いか話し合いながら努力を続けました。そして三年生の時には現役高校生でワールドカップに出場することができました。今でも北照時代の監督や先生方にも応援してもらい、それを励みに毎日練習をしています。ワールドカップ、世界選手権での上位入賞を目指しながら、二年後のオリンピックで活躍できるように頑張っています。

ページの先頭へ